blog

2017/12/14 16:07

こんにちは、熊本のDARGOです。

本日はハンドプリントで製作された保温性バツグンのパーカーをご紹介させてください。

 

 

 

Trade Mark パーカー

ブランドとしての考え方や哲学をアートワークに凝縮させ、プリントしています。

 

 

 

 

 

DARGO

私たちは熊本市内の専用スタジオにて、アメカジマインドを大切にしたウェアを製作しているローカルブランドです。

特にプリントウェアは「木枠シルクスクリーン」と「水性インク」を使い、1枚ずつスタッフ自ら手刷りでプリントを施し、T-shirtが発展途上だった”あの頃”の雰囲気を意図的に演出しています。

 

 

 

 

 

インクもデザインに合わせて一から調合しています。

 

 

 

 

 

プリントを工場に外注する、、、。

それも手段のひとつですが、アメカジを代表するアイテムであるTシャツをご提案させていただく上で、手刷りならではの自然なプリントクオリティの表現に加えて、生産の際に手間をかけたかったのであえて1枚ずつハンドプリントを施しています。

 

 

 

手間をかけたら良い商品なのか?

商品の魅力は最終的なクオリティにあるはずなので手間をかけようがかけまいが、すべてはクオリティだと思います。

それを踏まえますと、大量生産大量消費のご時世にDARGOのTシャツは4000円~5000円、スウェットは7000~8000円くらいするんです。

今どき7000円稼ぐのに一日何時間働けばいいんだよって感じですが、数あるブランドの中から選んでいただくのだから、もちろん長く着てもらえるモノを提供するのは当たり前として、だったらこっちも同じくらい手間をかけたいじゃないですか。7000円分の手間を。

なのでDARGOでは工場に外注せず、ご注文を受けてから新鮮なウェアをお客様の元へお届けするために自社でプリントしています。

 

 

そしてこの冬、DARGOはとても厚みがありしっかりしたボディを採用したパーカーを発売しました。

日本で流通しているスウェットの中でもトップクラスの厚みである12オンスボディを使用しています。

 

 

【DARGO】

"Trade Mark" Heavy Weight Hoodie

color:オートミール、グレー、ネイビー

size:S, M, L, XL

price:8000yen + TAX

 

 

【オートミール】

 

 

 

 

 

バックプリント。

妄想カリフォルニアスタイルではなく、アメリカ西海岸・カリフォルニア、現地のリアルな雰囲気を大切にしています。

 

 

 

 

脇はリブ切り替えになっており、重ね着してもボディが伸縮するため着心地が本当にバツグン。

 

 

 

 

 

【グレー】

 

 

 

 

DARGOロゴマークは計4回プリントを施しています。

白・赤・青・黒、塗って乾かしての作業をひたすらに。

 

 

 

 

【ネイビー】

 

 

 

 

切り替えられたスピンドル(紐)

 

 

 

 

袖リブもとてもしっかり作られているため、洗濯による伸びもありません。

 

 

 

 

裏起毛されているのでフカフカして保温性バツグン。着心地も最高です。

 

 

 

 

 

DARGOオリジナルアートワークをバックプリント。

 

 

 

 

【STYLE】171㎝ 59kg MEDIUM着用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジーンズとスニーカー。

永遠の定番にいかに合うか、シルエットや雰囲気など、徹底的に追求して今回のパーカーを製作しました。

定番のパーカーなのでジャケットやコートなど、冬のヘビーアウターとも相性イイはず。

 

 

長く活躍してくれるはずです。

是非オンラインストアにてチェックしてみてください。

 

 

 

【DARGO】

"Trade Mark" Heavy Weight Hoodie

color:オートミール、グレー、ネイビー

size:S, M, L, XL

price:8000yen + TAX